注文住宅・リフォームのハウジングリフォーム

不動産取得税とは

注文住宅の費用  |

注文住宅で家を造る場合、先に土地を購入してから建物を建築する事になります。
但し、自己所有の建築物を解体してから住宅を建築すると言う方法も有りますので、必ずしも土地を購入してから家造りをするとは言えません。

ここで問題になるのが取得をした土地における不動産を取得した際に課税される税金であり、不動産取得税と呼ばれています。
一般的に、申告は土地や建物を取得してから30日以内に行う必要が有ります。

この税金は、課税標準額の半分に3%を掛け合わせたもので、時価の70%ほどの額が目安になると言います。
仮に、建築を行う土地を3000万円で購入した場合は、3000万円の70%の半分に3%を掛け合わせた金額とすると、31万5000円と言う税金がかかることになるわけです。

但し、土地の上に建築物が有る場合、もしくは住宅を建築する場合は軽減措置が取られることになります。

軽減措置は、土地の面積、住宅の床面積に応じて計算が行われるもので、これを利用する事で課税額を少なくすることが出来ると言う事なのです。

しかし、床面積が確定していないと申請が出来ませんし、申請を行う期限と言うのは土地の取得日から60以内になります。
但し、土地を取得してから3年以内に住宅を作る予定が有る場合などでは、完成までの期間の徴収を猶予する事も可能になっているのです。


« »