注文住宅・リフォームのハウジングリフォーム

二世帯住宅

注文住宅の種類  |

親と子どもの世帯が、独立しながらも気軽に顔をあわせることができる住宅として、二世帯住宅があります。同居では、生活習慣の違いなどにより、お互いがストレスを感じることも多くありますが、そのような問題を解決することができます。

二世帯住宅は、住居が別々であるため、普段の生活は自分たちのペースですることができます。しかし、隣り合っていることで、普段の行き来もすぐにでき、お互いに手が欲しい時には手伝ってもらうことができます。

タイプは二つの家を隣同士でつけたような縦型のタイプと、1階と2階で世帯を分ける横型タイプがあります。より独立性を保つには、縦型のタイプの方が優れていますが、コストは横型の方が安くなります。

二世帯住宅を建てる時の注意点としては、玄関を別にすることがあります。玄関が一緒だと、顔を合わせることが増え、同居に近い状態になりメリットが少なくなることもあります。玄関や、水道、電気、ガスなどのメーターを別にするなど、詳細もあらかじめ二つの世帯で相談しておくことも大切です。建てる時の費用についても、事前に取り決めをしっかりとしておくようにします。最初にルールをはっきりとさせておかないと、考え方の違いから揉めることもあります。住宅の利点を生かすためにも、事前の話し合いはしっかりとしておきましょう。


« »