注文住宅・リフォームのハウジングリフォーム

注文住宅の間取りで気を付けたいこと

注文住宅の注意点  |

自分のこだわりを持って家を建てることができる注文住宅は、時間が掛かってしまいますが工務店などと相談をしながら満足のいく家づくりをすることができます。しかし注意点もあります。それは家の中の配置です。

注文住宅では、部屋の広さや部屋の数など、自分で決めることができますが、2階建てにするときに設置する階段と廊下は間取りに影響します。家は、異なった機能を持つ部屋の集まりで、部屋の広さや数は家族によって違いはありますが、階段や廊下は最低の寸法が決まっているので狭くすることが難しく、異なる機能を持つ部屋をどのようにしてつなげるのかとても重要な役割となります。

昔の階段は1階と2階をつなぐためのものとされ、上がる所とたどり着く所が違う直進階段や、途中に踊り場を設け上がる所とたどり着く所が同じ折り返し階段などがありますが、今はオブジェとして見え最低寸法が決められ小さい面積で設置ができるらせん階段などもあります。

毎日の生活導線になる階段ですので、壁に沿って直線階段を配置し階段以外のスペースを有効利用するか、家の隅に折り返し階段を配置しほかのスペースの自由度を高めてるか、住空間の一部としてらせん階段や直線階段を中央に取り組むなどを考えなくてはならないのが注意点となります。


« »